fc2ブログ

トップページ

はじめまして、パラリーと申します。
当ブログ『Parareru Box』へのご訪問ありがとうございます。

HNI_0040.jpg


普段は「ポケモンUSM」や「イナズマイレブンGOストライカーズ2013」をプレイしており、このブログではそれらに関連した記事を投稿しています。
ポケモンやイナスト以外には、アニメの総評やマンガのレビューを書いた記事も投稿しています。
詳しい自己紹介とおすすめ記事は下記をご覧ください。
※PC閲覧の方は、「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む»

イナスト2013対戦記録

はじめに、完全に“自分用”です。
淡々とイナスト対戦だけしていても物足りないので、モチベーションを上げることも兼ねて自身の手で記録をつけていくことにしました。


表記:--


【通算】

1725-200-261

続きを読む»

【イナスト2013】結論イレブン考察【両刀軸②】

こんばんは、パラリーです。
今回は、両刀軸の結論イレブン考察を書いていきます。

両刀軸を本格的に使い始めてから約1年半程度が経ちました。
その中で様々な形を試してきましたが、今回はその中でも最も使い勝手が良く、かつ先日のRAGNAROK Strikers Tournament#4(過去最大規模64名参加)でも優勝に大きく貢献したチームを紹介します。
前回はWorld Cupで優勝した際に使用したチームを紹介したので、そちらとの比較も踏まえて解説していきます。

↓前回の両刀軸結論イレブン考察



【チーム紹介】

今回私が両刀軸と結論付けたチームがこちら。

両刀9

前回と見た目はほとんど変わっていません。
FWは木瀧カノンの2トップで、トップ下にはラベンを採用しています。
ラベンではなくキラフィ入りの両刀軸もかなり試してきましたが、まだ煮詰め切れていない部分も多々あるため、こちらの紹介は今回は控えたいと思います。
見た目は1年前とほとんど変わっていないラベン入り両刀軸ですが、立ち回り、特に攻め方について大きな違いがあります。
今回はその点について詳しく記していこうと思います。

続きを読む»

劇場版ドラゴンボール超「スーパーヒーロー」感想

劇場版ドラゴンボール超「スーパーヒーロー」観てきましたヾ( ^ω^)〃

fc2blog_202206160110374f4.jpg

ドラゴンボールの劇場版作品は「ブロリー」以来の約3年半ぶりで、ドラゴンボールファンにとっては待望の作品でした。
久しぶりのドラゴンボールでしたが、前作の「ブロリー」やアニメの宇宙サバイバル編の完成度が高く、自身のドラゴンボールモチベも継続的に高かったため、その延長戦として楽しもうと思っていました。
本来はコナンの直後の4/22が公開予定日でしたが、なんやかんやあって6/11に公開されました。
僕は月曜日の休日を利用して6/13に劇場へ足を運びました。

今作は劇場版ドラゴンボール史上初の完全3Dということで、迫力だけでいうと過去最高の出来だったと思います。
戦闘描写とかは圧倒的に「ブロリー」のほうが好きなのですが、「スーパーヒーロー」ではそれを上回る大迫力の戦闘を体感できました。
また、ストーリーもよく練られており、ピッコロが主人公としてスポットが当てられつつ、今回は脇役の悟空やベジータに関しても少ない時間で上手く描かれていたと思います。

それでは、詳しく語っていきたいと思います。


注)以下、「スーパーヒーロー」のネタバレを含む。

続きを読む»

イナストの民〈28〉

フランスのクラン・FKÆに加入しました!

Aphorismを脱退してからしばらくクランというものには加入せず、一匹狼という立場を保っていました。
その間の他クランからの勧誘は数知れず。
正直、クランに所属していたからと言って、特になにかあるわけでもなかったので別に所属する意味もないなと感じていました。
強いて言うなら、他クランからの勧誘を防ぐというなんとも後ろめたい理由でどこぞのクランに所属してやろうかと思ったこともありました。

そんな中、FKÆには多少の関心がありました。
昨年のIEGSWC2021の運営メンバーが数多く所属している他、Mathiuze、Cherry、Aimenz、Yaxoといった実力派イナストプレイヤーが所属しているクランでもあります。
特にMathiuzeは僕の“推し”ということもあり、入るならFKÆかなと思いつつ、こちらから入りたいと声をかけるのもなとしばらく陰キャしていました。
そして今回、FKÆメンバーでWCの運営メンバーの1人でもあるZerokrush氏からの勧誘により、FKÆに加入する形となりました。

FKÆに加入してすぐなにか大きなイベントがあるわけではありませんが、クランのためにストライカーズの大会でより優秀な成績をおさめたいところです。
近日中に第4回ラグナロクストライカーズトーナメントが開催されるため、そこで優勝を手土産にしたいです。

以上、ご報告でした。
ラグナロクストライカーズトーナメントとドラフト杯本戦頑張ります。

【イナスト2013】第6回ドラフト杯 Bブロック予選振り返り

こんばんは、パラリーです。
5/22(日)~5/30(月)にかけてイナスト2013の大会「第6回ドラフト杯」のBブロック予選が行われました。

↓今大会の自分のドラフトイレブン
パラリー

今回もドラフトイレブンの紹介は大会終了後に行う予定です。

第6回ドラフト杯は参加者が14名、ABの2ブロックに分けて予選を行い、上位3名が本戦トーナメントへ駒を進めます。
そして今大会も、予選落ちした各ブロック4名に敗者復活のチャンスがあり、Wカードでの総当たりで上位2名に入ることができれば本戦トーナメントへ駒を進めることになります。
また、第5回とは異なりシングルイリミネーション方式のトーナメントとなっているので、本戦トーナメントは1敗でもすれば敗退が決まってしまいます。

大会の説明はこんな感じでしょうか。
そして、私パラリーはkatu6さん、ほむらさん、ラウレさん、キヤラさん、あきひささん、ほづみさんと同組のBブロックとなりました。
今回の予選ブロックの組み分けは、第5回の上位4名がシード権という形で振り分けられ、私はBブロックのシード権を獲得しました。
Bブロック予選には同じくシード権を獲得したkatu6さん、第4回の風仲間のほむらさん、W杯中国代表のキヤラさんなど、強者が揃いに揃っており、第4回風ブロック並みの†Deathブロック†となりました。
この予選ブロックで勝ち抜くことは非常に難しいと言われていますが、全大会ベスト4の名にかけて予選突破を目指します。

続きを読む»

イナストの民〈27〉

第6回ドラフト杯Bブロック予選全勝1位抜けしました!

予選Bブロック結果

Deathブロックと言われた第6回Bブロックで無敗どころか全勝で1位抜けを決められたことを嬉しく思います。
予選全勝は第2回林ブロック以来なので、そう簡単にできるものではありません。
それをこのDeathブロックで成し遂げられたのはマジで嬉しいです。

あきひさ、ほづみは普通に楽に勝たせてもらえたかなって感じです。
katu6、ほむらは1点差勝利なので最も追い込まれたように見えますが、試合展開的にはこちらがリードを保っていたのでそこまでしんどい試合ではなかったです。
ラウレ、キヤラは2点差勝利ですが、試合展開的に追いかける形だったので非常にしんどかったですね。
特に、キヤラは1-4から3点差をひっくり返したので、観衆もマジで胸熱に感じた展開だったことかと思います。
スコアをひっくり返すのは精神的にもなかなか難しいものです。
優勢時より劣勢時のほうがしんどいのは誰しもそうだと思います。
そんな中でひっくり返すことに成功し、無事全勝することができたのは「絶対勝てる」という自信と「絶対勝ちたい」という欲望があったからに他なりません。
キヤラ戦で「大丈夫、大丈夫、大丈夫」と念仏のように唱えていたのは、自分の精神状態を前向きに維持するためでもありました。
こういった精神って勝負事ではけっこう大事だと思っています。
負けて悔しがらないとかだったり、そういったプレイヤーには次はないと思っているので皆さんも頑張りましょう。

このDeathブロックのメンツで「誰が勝ち上がってもおかしくない」だとか言われていました。
現状のプレイヤーのスキルを総合的に踏まえると全くその通りだと思います。
katu6にもほむらにもラウレにもキヤラにも負けたことはあるし、誰が勝ち上がってもおかしくないのはその通り。
だがしかし、結果は2位と勝ち点8差をつけて全勝1位通過です。
誰が勝ち上がっても・・・を覆す結果、そしてパラリーというプレイヤーの強さを示すことができたのではないでしょうか。
これがマジで満足していること。
パラリーはまだまだ負けません。
(まあぶっちゃけ上振れ引いてるだけだし、予選前えーしんにボコられちゃってたし、弱いときは弱いんすけどね~~~~~)

Bブロック1位、しかも全勝で1位なんだしもう優勝で良くね?
って言いたいとこだけど我慢して本戦でも全勝して完全制覇しちゃいたいと思います。





・・・ライフ1しかないの、マジヤバくね?

【イナスト2013】第5・6回ドラフト杯 資料室

こんにちは、パラリーです。
第5・6回ドラフト杯の【ドラフト指名キャラ】【予選結果】【本戦結果】をここに記録しておきます。
こちらは資料室として是非活用していただければと思います。

続きを読む»

イナストの民〈26〉

遅くなりましたが、第5回ドラフト杯準優勝しました。
前回のイナストの民の更新が最終日前だったので念のための報告です。
2大会連続準優勝なので決して悪くない成績ではありますが、ここまできたら優勝したかったもんです。

そして、この短い期間で第6回ドラフト杯の開催が決まり、もう会議まで終わりました。
第6回の僕のチームですが、こんな感じになりました。

パラリー

1位はまだ指名したことがない木瀧は確定で、本来は木瀧カノンの両刀軸を組もうと考えていました。
木瀧カノンの両刀軸はガチブン対戦でこそ今やトップメタに君臨していますが、ドラフト環境ではその構築の組みづらさから断念しかけました。
構築の組みづらさを説明すると、まず木瀧カノンを指名する時点で確実に1位2位の指名はつぶれます。
3位でカノンがとれるなんて甘い世界なんてありません。
残りのパーツとしてGKと補正要員とジャングル要員とサブドリブラーとチェイン始動と・・・と考えていくうちにドラフトでは確実に理想からかけ離れたチームができるとなりました。
木瀧がいるから古代トーブを突破できるラベンや真不動も欲しいしB補正要員も欲しいしジャングルを組まないならSB要員も195山GKも欲しいし、カノンがいるから後ろはチェイン始動もできてジャングルで固めたいしG補正要員も欲しいし。
両方はさすがに無茶が過ぎるので重視すべきなのはどちらか考えた結果、後者をとりました。
理由は、前者だと木瀧カノンである必要がないと感じたからです。
木瀧カノンで非ジャングル殴り合いチームを組むなら、もうそれはカノンである必要がないよねって話。
なので、3位カモミ、4~7位LJ綱海入りジャングル+GK、8位~チェイン要員+チェイン始動要員+G補正要員みたいな指名を予定していました。
まあラウレに1位でカノンとられたので全部おじゃんなんですけどねええええええええええええええええええええええええwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

当たり前ですけど木瀧カノンの指名だけ考えていたわけではありません。
木瀧黄名子、次点で木瀧1st円堂の指名を考えていたら、黄名子単釣りに成功したので木瀧入りのノマシュ軸が完成しました。
チーム完成時点での点数をつけるなら60点くらいでしょうか。
木瀧なのにラベンもLJ不動真不動もいないノマシュ軸、セインで崩壊するSB陣、これらが大きな減点要素ですかね。
なので、人にもオススメできるチームではありません。
木瀧入りのドラフトノマシュ軸を試したいなら第4回優勝構築がおすすめです。
あ、B補正要員は洞面から喜多に変えておくことを強くおすすめします。

僕視点の試合は例のごとくようつべにアップします。
皆さん、応援よろしくお願いします!!!

【イナスト2013】第5回ドラフト杯 本戦振り返り

こんばんは、パラリーです。
今回は、イナスト2013の大会「第5回ドラフト杯」の本戦の振り返りをしていきます。

↓今大会の自分のドラフトイレブン
パラリー

みやに敗れ風ブロック予選を2位通過することになった私パラリーは、勝者側トーナメントで1位通過のプレイヤーと初戦で当たることになりました。

第5回ドラフト杯本戦トナメ

最短で優勝するには4連勝する必要があります。
途中で一度でも負けてしまうと敗者側へ回され、何試合も勝ち続けなければなりません。
私は第3回と第4回ともに勝者側準決勝で負けているので、ここで勝ちベスト3に駒を進められるかどうかがターニングポイントになります。
それでは、本戦を振り返っていきます。

続きを読む»

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンに関する記事を更新しています。
イナスト2013最終7位/現在2位
ポケモンORAS最高2162
ポケモンSM最高2102
ポケモンUSM最高2149
Twitter@Rumpara25

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR