FC2ブログ

トップページ

はじめまして、パラリーと申します。
当ブログ『Parareru Box』へのご訪問ありがとうございます。

HNI_0040.jpg


普段は「ポケモンUSM」や「イナズマイレブンGOストライカーズ2013」をプレイしており、このブログではそれらに関連した記事を投稿しています。
ポケモンやイナスト以外には、アニメの総評やマンガのレビューを書いた記事も投稿しています。
詳しい自己紹介とおすすめ記事は下記をご覧ください。
※PC閲覧の方は、「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む»

HAPPY NEW YEAR ~2019~

明けましておめでとうございます!

2018年が終わり2019年がスタートしました。
2018年は僕にとっては激動の一年となりました。
それはなんと言ってもレートS7の結果にあります。
あの結果を機にさらにフォロワーが増えましたし、結果を残した構築に興味を持ちQR化していないにもかかわらず使用してくださるプレイヤーが多く見られとても嬉しい気持ちでいっぱいです。
そういった意味でも2018年はとても幸せな一年であったと感じています(別の意味でも…)。


2018年で使用した構築と最高レートをまとめてみました。

S7:メガボーマンダカプ・テテフナットレイヒードランフェローチェボルトロス霊獣(2149)

S8:メガボーマンダカプ・テテフナットレイヒードランフェローチェボルトロス霊獣(2097)

S11:メガボーマンダカプ・テテフナットレイヒードランフェローチェデンジュモク(1925)

S12:メガリザードンXランドロス霊獣カプ・テテフミミッキュフェローチェカミツルギ(2026)

フェローチェと共に過ごした1年って感じですね笑
S7ではテテフフェローチェとステロドランを組み合わせた全く新しいコンセプトの構築で最終31位という好成績を叩き出すことができました。
このときは後の事をあまり深く考えておらず、構築記事もびわポケの時に書いたばかりだったのでさほど詳しく書きませんでしたが、あまりにアクセスが伸びるのと使用者の多さから追記しまくりました笑
そして、ポケモンをやっていて良かったと思えた瞬間でもありました。
ちなみに、S7とS8はレートを650と600ほどそれぞれ上げましたが、どちらも最終1週間で上げました。

S9とS10はリアルの都合で休止し、S11から単純に使いたかったデンジュモクをボルトロスの代わりに投入し潜ったところ、1900前半までしか伸ばすことができませんでした。
デンジュモク案と鈍いナットレイ案はS9のときに考えていたので、環境に合わなかったのも痛かったです。

S12は珠フェローチェではなくアクZフェローチェを研究しようということで挑みましたが、なんとか最終日に2000に乗せることができました。
あの構築は特殊ボーマンダが多かったS12に使ったのが間違いだと確信しているので、こんなもんじゃねぇってところをどこかで披露したいですね。
ちなみに、S12の最高2000以上の猛者たちが集うホズラッシュという仲間大会で同じ並びを使ったところ、最終9位という好成績を残すことができました。

2017年に比べるとかなり楽しくレートができた年になった気がします。

続きを読む»

5万アクセスありがとうございます!!

ブログを開設してから3年と4ヶ月が経とうとしています。
これまで数々のポケモンの構築記事やイナストの考察記事などを投稿してきました。
そんな「Parareru Box」ですが・・・

総アクセス回数「50,000」

を達成しましたヾ( ^ω^)〃

fc2blog_20180727203349770.jpg

このアクセスランキングを導入したのは2016年の夏頃だったので、約2年間の集計となっています。
また、記事ごとの集計(カテゴリ等は除く)に設定しているので、正確には「総アクセス回数」ではなく、「記事ごとのアクセス回数」です笑
(普通に全部のページを対象にしておけばよかった…)

続きを読む»

最近よく聴く音楽 その3

2年ほど前から更新していませんでしたが、久々に更新しようと思いました♪
完全に気まぐれです笑
前回はレートのお供として聴いていた曲を紹介していましたが、最近はレートをしていないので、通学中にいつも聴いている曲を紹介したいと思います。
趣味がバレちゃう…(/・ω・\)

続きを読む»

HAPPY NEW YEAR ~2018~

明けましておめでとうございます!

2017年が終わり2018年がスタートしました。
レートで全盛期だった2016年と比べると、2017年はあまり結果を残すことができませんでしたが、濃密な一年であったことには変わりありませんでした。
あまり結果を残すことはできなかったレートでも一度は2100に到達し、7世代でも一応21勢を名乗ることはできました笑
2017年の目標に「2200の達成」を掲げていた人の言葉とは思えないですが、6世代の2200と7世代の2200とは全く別物なので(初手言い訳)。


2017年で使用した構築と最高レートをまとめてみました。

S1:マッシブーンフェローチェテッカグヤジバコイルメガボーマンダマンムー(2087)

S2:メガルカリオランドロス霊獣カプ・テテフミミッキュロトム火カプ・レヒレ(2102)

S3:メガクチートクレセリアカプ・レヒレミミッキュロトム火ガブリアス(1968)

S4:メガヘラクロスゲンガークレセリアメガクチートロトム火ガブリアス(1986)

S5:メガヘラクロスポリゴン2ゲッコウガヒードランカプ・コケコランドロス霊獣(1984)

S6:カバルドンメガボーマンダギルガルドポリゴン2カプ・コケコゲッコウガ(1957)

S2ではルカリオ軸(テテフミミッキュ軸)を使って2100に乗ることができました。
1シーズンで2100を達成できたことはかなり嬉しかったです。
しかし、2ROM2100には全く届かず、2100から潜ることがなかったことについては実力不足を感じました。

S3以降はORASで使っていたメガヘラクロスやメガクチートが帰ってきたにもかかわらず、2000に乗ることはありませんでした。
S4~S6にかけて最ヘラ軸をじっくり考えましたが(S6の終盤はカバマンダ軸に移行)、形にはなったものの結果につなげることができなかったと感じています。
これはヘラクロスがSMの環境に全く合っていなかったからというのも一因ですが、なによりレートモチベを保つことができず、真剣に取り組めなかったことが大きかったと思います。
ORASの頃のようなレートに対する闘志が欲しい…。

続きを読む»

Nintendo Switch 買いました

今年の春に発売された「Nintendo Switch」ですが、昨日やっと手に入れることができましたヾ( ^ω^)〃



“やっと”と言っても2日しか探し回っていませんが、発売から半年以上が経過するのでやっとといった感じです。

なぜ購入したか、理由は2つありました。

1つは、イナズマイレブンの新作「アレスの天秤」のゲームの対応ハードだったから。
自分はPS4も持っておらずiOSやAndroidでプレイするのも不安なので、どっちみち買うなら今買ってしまいたいと思っていました。
とはいえ、発売は来年夏なのでこちらは建前みたいなもんです。

もう1つは、「マリオカート8デラックス」をプレイしたかったから。
7月頃にポケモン熱が冷めてから今まで、マリカの動画や生放送をこれでもかというくらい見てました。
本来なら夏休み中に買うべきなのですが、1つ目の理由もありましたし、購入はここまで先延ばしされました。
約4ヶ月間マリカエアプ(笑)を極め続けたので、その成果を発揮していきたいですね。


そんな理由で「Nintendo Switch」を購入したわけですが、発売から半年以上経っているこの製品、未だに品薄状態が続いており、マリオオデッセイセットしか売っていませんでした。
単品が見つかるまで待とうか少し迷いましたが、マリカ熱が冷めないうちに買いたかったですし、マリオデも動画を見て少し興味があったので買ってもいいかなと思いました。
なので、マリオデはポケモンやマリカの合間に少しずつ進めていこうと思います。

以上。
ポケモンも最終シーズン残り1週間なのでサボらず頑張ります(◞‸◟)

HAPPY NEW YEAR ~2017~

明けましておめでとうございます!

2016年が終わり2017年がスタートしました。
自分にとって2016年はとても濃い一年だったと感じています。
この一年にレート2100を達成したり数々のオフに参加したりと様々な出来事がありました。
レート2100達成は5月の出来事で、この時期から自分の構築に自信が持てるようになりました。
さらに、8~9月の夏休みを利用して対戦オフに参加したことで他のポケ勢との交流をかなり深めることができました。
また、11月にSMが発売され6世代から7世代へ世代交代したこともあり、新たな一歩を踏み出した一年でもありますね。


2016年で使用した構築と最高レートをまとめてみました。

S13:ラティオスメガハッサムマリルリローブシンヒードランボルトロス化身(1793)

S14:メガヘラクロスブラッキークレセリアメガクチートロトム火ガブリアス(2033)

S15:メガヘラクロスブラッキークレセリアメガクチートロトム火ガブリアス(2104)

S16:メガヘラクロスゲンガークレセリアメガクチートロトム火ガブリアス(2125)


S17:メガヘラクロスゲンガークレセリアメガクチートロトム火ガブリアス(2162)

S13はORASレートで唯一1800を達成できなかったシーズンとして今でも記憶に刻み込まれています。
ちょうど一年前の年末年始がS13でスランプに陥っていました。
そして全く満足できる結果が出せず、とても苦い経験をしました。
スタートダッシュは最悪な一年でしたね。
しかし、それ以降のシーズンは継続してレート2000を達成することができました。
それもこれも相棒として最ヘラを使い始めたことがきっかけでした。

メガヘラクロス

ORAS最終シーズンのS17では最高レート2162を達成することができ、この一年で最高レートを148(2014→2162)伸ばすことができました。

続きを読む»

某大会の某件について

この夏、ポケモン実況者界ではORAS最後の祭「The Last Festival」が開催されますね。
現在出場が確定しているメンバーを見てみると「今までにないくらい豪華なメンツ」という印象を抱きました。
グラさんやあみゅさんなど6世代実況者界を代表するような実況者が多く、楽しみで仕方がありません。
自分がポケモンを始めるきっかけとなった「ポケモンBW2最強実況者決定戦」を思い出します。

参加人数は20人とのことですが、PVが投稿された時点で出場が確定している人数は18人。
残りの2人はどのように決定するかというと、「Challenge Tournament」という別日に2回開催されるトーナメントで優勝した実況者2人に出場資格が与えられるとのことです。
自分はこのシステムを知った時、MAJOR第2シーズンのあるシーンを思い出しました。

吾郎・寿也・小森が海堂学園の入部テストを受けに行った時の眼鏡をかけた試験官のセリフ。

「お前たちはうちのスカウトの目にも止まらなかったような選手なのだからな。」

捉え方次第ではこれに似た解釈もできると思います。
視聴者側から見れば、出場者の参加経緯なんてあまり関係のないことでしょう。
しかし、参加者側からすれば見方は変わってくると思います。
実況者の母数が膨れ上がった現在では、実況者同士の競争はより激化していると言えますし、競争意識を高めるという意味では良いのかもしれませんね。
これを良い意味で捉えるか悪い意味で捉えるかは人それぞれであり正解なんてないわけですが、個人的にはあまり良い印象を受けませんでした(あくまで私個人の意見です)。
このシステムに対して「理解はできるが納得はできない」くらいのニュアンスで受け取ってもらえると助かります。

また、「どのような実況者が大会に呼ばれるべきなのか」について議論されているところをたまに見かけます。
個人的にはそこまで気にしてないのですが、やはりポケモンに対して真剣に取り組んでいる人に出場してもらいたいです。
例えば、通常回の投稿頻度やその内容もこれを判断する材料になると思います。
これが大前提にあって、その次にガチ対戦をテーマとするのかエンタメをテーマとするのかに分かれてくるものだと自分は考えています。
大会は注目度が非常に高いためその両方のテーマで動画を魅せることができる実況者が「すごい」と感じられるわけですが、それ以上に自分はその人のポケモンに対する真剣さを見て動画を楽しませていただいています。

運営の上記のやり方には少々疑問を抱いたものの、ORAS最後の実況者大会ということで今大会には非常に期待の念を寄せております。
自分も一人の視聴者として大会を楽しんでいこうと思いますヾ( ^ω^)〃

自論

「周りに影響されることは必要だが、そのせいで自分を見失ってはいけない。」

「周りだけを見て自分を過小評価するのではなく、もっと自分の結果に胸を張るべきだ。」

これは自分が持っている一つの考えです。
確かに、周りに刺激されて成長することもあるでしょう。
むしろ、その方が多いと思います。
しかし、他人を気にしすぎるばかりで自分を見失ってしまっては意味がないと思うんですよね。
ちょっとした心理学的な話ですが、比較対象を他人ではなく過去の自分にすることで人は伸びやすくなると言われています。

なぜ急にこんなこと言い出したかというと、先日念願のレート2100を達成することができました。
ここに来るまでの過程を振り返ると、レートに潜りたての頃はせいぜい1800に乗るくらいでした。
そんな自分が2100までレートを伸ばすことができたのは、努力を惜しまなかったからであることももちろんですが、過去の自分を超えることを目標に日々精進してきたからであると考えています。
いわゆる、「己に打ち克つ」ってやつです。
約1年にわたって週に1回のペースでレート日記を書いてきましたが、それのおかげもあって自分の成長を肌で実感できているのだと思います。

ポケモンを始めた頃からこの信念を持っていましたが、そこまでレートが高くない人間がこれを語ったところで説得力がないと言われるのが見え見えなので、レート2100に乗せるまではこの考えを話さずにいました。
今はこうしてレート2100というかなり高いレートに達することができていますが、1800付近でくすぶっていた時期もあったということを忘れないようにしたいと思います。
1年前の今頃は最高レート1815の構築記事を書いていたくらいですからね(笑)
今はそこまで結果が出ていないという人も今の自分に胸を張って、上を目指すようにして欲しいなと思っています。


まぁこんな考え方してる人も中にはいるんだなくらいに思っていただけると幸いです。
それでは失礼します。

あれから1年 その3

一年前の4/5、「Parareru Box」を開設しました。
早いものであれから1年が経過し、書き上げた記事の数もこれで121です。
月10ペースを目指して更新しているので、今後もこのペースで更新していこうと思います。
それでは、これまで書いてきた記事について軽く振り返っていきます。

最初は、ポケモンはそこまで上手くないのでイナストをメインに書いていこうと思っていました。
5~7月はイナストのチーム紹介を月2ペースで書いていました。
いつも帰りの電車の中でスマホのメモ帳を使って書いていた頃が今となっては懐かしいです。
現役時代にメインで使っていたチームはすべて紹介し切ったので今後の更新は未定ですが、新たに作ったチームの紹介をフレ戦で対戦回数を重ねた後、気が向いたら書くかもしれません。

6月頃からポケモンの日記としてレートの民シリーズを週1で書くようにしました。
これは現在進行中で、先週で40を超えましたね。
現在のレートやPTの構築案を開示することでポケモンに対するモチベを維持しています。
かなり些細なこともここに書いたりしますが、決して話のネタが尽きているわけではないです()

10月頃からチーム紹介に代わってイナストの選手紹介を不定期に更新するようになりました。
現役時代に真面目に考察する時間がなかったので、今更ながら考察記事をあげています。
紹介できる選手は山ほどいるので、今後も不定期ながら更新していく予定です。
選手を個別になるべく丁寧に解説するように心がけているので、イナスト勢には参考にしてもらえると嬉しいですね。

最後に、レートのシーズン明けや対戦オフ後に更新されるポケモンの使用構築について。
レートでは、シーズン9から毎シーズンごとに使用した構築の紹介をするようにしました(シーズン13はやってなかったことにしてください;;)。
一番最初に書いた構築記事と一番最近書いた構築記事を見比べると、己の成長を感じさせられますよね。
今後も最高レート1900を超えた構築は記事にして公開しようと思います。
ちなみに、シーズン14にレートに潜っていた時、自分がシーズン12で2000に乗せたメガバシャバトンの構築とマッチングした時は泣いて喜びました。
しかし、その試合にはメガゲンガーに択負けして敗北してしまったので、己に打ち克てなかった人間として生きていきます・・・。


こうして、主にポケモンやイナストについて更新してきました。
なんやかんやで2年目に突入した「Parareru Box」ですが、今後もポケモンやイナストなどについて更新していくつもりなので、これからもよろしくお願いしますヾ( ^ω^)〃

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンに関する記事を更新しています。
イナスト2013最終7位
ポケモンORAS最高2162
ポケモンSM最高2102
ポケモンUSM最高2149
Twitter@Rumpara25

最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR