【イナスト2013】既存チームの変更点(2)

これまでブログにて数々のチームを紹介してきましたが、いくつか変更点があるチームがあるのでここで紹介していきたいと思います。


5.咲イレブン

チーム紹介記事→【チーム紹介(6)



変更点
シャドウ(DE)→ウォルター
喜多→ジニアス
龍崎→カモミ
シュラ→神童
ポジション大幅変更

変更理由
チェイン軸においてトップ下のアルファが弱いと感じたため、アルファを右サイドに配置しトップ下にはミキシでチェイン中継役となれる神童を採用しました。
チェイン始動役にも士郎に加え、新たにゲージ速度Sのジニアスを採用したことでチェインを通しやすくなりました。
また、ボランチがフィディオとベータでサイドバックに喜多がいた頃と比べるとジニアス、咲、青山、ウォルター、カモミとDF技持ちのキャラが増えたことでディフェンスの強化も狙いました。

使用感
前半はチェイン軸の安定感に加え、アルファによる単体突破も狙え、さらに青山による切り崩しも可能となりオフェンス面はかなり強化されました。
青山の刺さりがいい時は後半ノマシュ軸にシフトすることがありますが、青山と並べるドリブラーがいない点は悩みどころなんですよね。
また、最終ラインを喜多から咲に変えたことで、そこからチェインが通され放題となってしまうという事態が起こりかねません。
チェイン軸で咲を中盤に配置するのもどうかと思い最終ラインに置かざるを得なかったのですが、ここに関しては改良の余地がありそうです。


6.ベストイレブンα

チーム紹介記事→【チーム紹介(7)



変更点
佐久間(JPN)→佐久間(LJ)
三国→太助
ダンデ→吹雪(LJ)
鬼道(JPN)→マーガル
不動(JPN)→貴志部

変更理由
GK円堂の信頼感が圧倒的すぎてサブGK三国さんは全く必要なく、それくらいならFPを1人入れた方が良いと感じました。
そこで、壁山と組ませてガード+8ができる太助、ガード+8によるディフェンスとチェイン始動力を期待して吹雪(LJ)を新たに投入。
また、相手のボディ+8のラベンが止まらないことを危惧し、木瀧やヒロトへの対抗策となるマーガルを採用。
鬼道を外すとなると不動の単体性能が著しく落ちるため、別のボディ+4要員として貴志部が採用されました。

使用感
オフェンスは稲葉、豪炎寺、ヒロトによるチェインに加え湾田、貴志部によるノマシュ、ディフェンスはトーブ、壁山、シンティ、太助、吹雪(LJ)、マーガルという豪華なメンバーが揃いました。
「湾田と並べてノマシュを狙えるキャラがいない」「相手のラベンが止まらなくて詰んだ」といった悩みを貴志部とマーガルがそれぞれ解決してくれた形となりましたね。
あと1点悩みを挙げるとすると右サイドの佐久間(LJ)です。
佐久間(LJ)はできればボランチで採用したいのですが、サタナトスと役割が被りがちなためどうするか迷っています。


7.ヘルアンドヘブン

チーム紹介記事→【チーム紹介(8)



変更点
F-ミドルブロック→F-サウザンド

変更理由
ヘルアンドヘブンのメンバーはほぼ完成されていたため、メンバー変更はなしです。
その代わり、F-ミドルブロックにおけるセインとデスタの2トップがあまりに弱いと感じていました。
そこで、F-サウザンドにすることで中盤に留まってしまっている真帆路や浪川による積極的なオフェンスに期待しました。
また、最終ラインにマーガルは相応しくないと感じていました。
よって、フォーメーションを変えたとともに、最終ラインにはマントと風丸(1st)を配置し、マーガルは背の高さを利用した中盤のキープ力を生かすためにボランチに配置しました。

使用感
F-サウザンドの一番のメリットはゲージの溜めやすさにあるので、ゲージ速度が遅い鬼塚や浪川や総介がいるこのチームには相性が良いフォーメーションであると言えます。
実際、鬼塚や浪川から縦のスルーパスでゲージを溜め、ディフェンスを安定させる立ち回りはよくします。
しかし、F-サウザンドだと中央からのチェインに滅法弱くなってしまい、そこが一番使いにくいと感じました。
ただ、F-サウザンドは攻めのフォーメーションであるので、フォーメーションは崩さずにカノンによるチェインや総介や浪川による単体突破を積極的に狙っていくことができます。
残る課題は左サイドのオフェンスの貧弱さとキーマン補正と江島の存在意義(わりと多い)。


8.グリフォンイレブン

チーム紹介記事→【チーム紹介(10)



変更点
土門(1st)→蛇野
壁山(1st)→壁山(LJ)
シンジャミ→佐久間(LJ)
影山→シュウ
冬花→稲葉
天馬(R)→天馬(T)
マーガル→ヒロト(LJ)
士郎→吹雪(LJ)
F-ミドルブロック→F-サウザンド

変更理由
まるで別チームかのような変化を遂げたグリフォンイレブン。
これまでは魔帝グリフォンと劇場版に登場した円堂組がグリフォン要素でしたが、シュウの加入により新たに聖騎士アーサーも発動可能となりました。
合体技を撃つチームであればレジェンドもどきのようにF-サウザンドの方が適していると考えました。
こうして左にはグリフォン組、右にはアーサー組、ディフェンスはジャングル組と蛇野、GKには安定の円堂(LJ)という形を取ることができました。
また、稲葉の加入により剣城と合わせてキック+8で合体技による得点力を上げる、という狙いもあります。

使用感
F-サウザンドにより白竜のゲージが溜めやすく、やはり合体技を狙うチームであればF-サウザンドが一番相性が良いと感じました。
F-サウザンドの手薄なディフェンスもゲージ速度が速いジャングル組と蛇野でなんとかカバーできているので良い感じに仕上がりました。
しかし、合体技の関係上パートナーである神童、剣城、シュウを交代しづらく、なかなか納得のいくポジショニングができません。
キック+8をするには剣城と稲葉を残す必要があり、ベンチのLJメンバーで合体技を撃ちたい時、メンバー交代の仕方に困りがちです。
こればっかりはキーマン補正と合体技の仕様上どうしようもないですね。


今回のチーム紹介は以上で終わりです。
なにかあればコメントお願いします。
最後まで閲覧ありがとうございました。

【イナスト2013】既存チームの変更点(1)

これまでブログにて数々のチームを紹介してきましたが、いくつか変更点があるチームがあるのでここで紹介していきたいと思います。


1.ブリタニアわんだ

チーム紹介記事→【チーム紹介(1)



変更点
隼⇔ザナーク
南沢→黄名子
シュウ→木瀧

変更理由
フィディオでチェインする際のチェイン始動ですが、隼よりザナークの方が適していると考えました。
隼は始動するのにSPまでチャージする必要がありますが、ザナークはLv.3までで済みます。
さらに、ザナークはキックSで隼より火力が高い点も優秀ですね。
また、ベンチにいた南沢とシュウは使う機会が全くと言っていいほどなかったので解雇。
代わりに、キーマン補正ボディ+4を持ちディフェンスの補強にもなる黄名子、湾田と並べて化身ドリブルによる突破口となりうる木瀧を採用しました。

使用感
後半のオフェンス力が格段に跳ね上がりました。
具体的に、ダンデと黄名子でボディ+8にして、木瀧、湾田、ラベンで無双するという鬼の攻め方ができるようになりました。
木瀧、湾田の2トップにトップ下は背が高いラベン、サイドにザナーク、ダンデという布陣がほぼ完成系に近いです。
ザナークのSH技による単体突破手段もあるので、後半ノマシュ軸のチームとしてはかなり強化されました。


2.ナトスイレブン

チーム紹介記事→【チーム紹介(2)



変更点
木屋→風丸(DE)
メフィスト→緑川

変更理由
ディフェンスがあまりにも弱いチームなのと右サイドから相手にチェインを通され放題なのを克服するために、仕事率が低くSBを持たない木屋に代わり仕事率が高くSBを持つ風丸(DE)に変更しました。
風丸がDEなのはチームにある少林と染岡がDEだから、それだけです。
また、緑川の加入によってチェイン始動が可能なキャラが1人増えることと、サイドからの切り崩しができることに期待できるようになりました。
後半ノマシュ軸にする際、サイド一方にOF技持ちの突進キャラを置くことができないという悩みがありましたが、緑川の加入により克服することができました。

使用感
前半のチェイン軸、後半のノマシュ軸どちらにも安定したポジショニングが可能となり、キレイなポジショニングを好む自分にとっては良い具合に改良できたかな、といったところです。
ただ、変更前と同様に単体突破の手段を持ち合わせていないため、後半ノマシュ一本にしてしまうとノマシュ防ぎが上手い人にはなかなか得点することができません。
影山と林音の2トップにトップ下は背が高いサタナトス、サイドに緑川、貴志部というオフェンスの布陣はかなり強いですが、攻め方がワンパターンすぎる点が悩みどころです。


3.マジキチトーブ

チーム紹介記事→【チーム紹介(3)



変更点
雪村→青銅
クララ⇔青銅

変更理由
雪村は(イナダン同様)全く出番がなかったため、化身ドリブルによる突破力に期待できる青銅を投入。
このチームはディフェンスが厚い反面、オフェンスは天馬くらいしか強いキャラがいないため、青銅が良い活躍を見せてくれると期待しました。
また、元々は南雲、涼野の2トップでしたがそれではあまりにも突破力がないため、南雲のポジションに青銅を配置し、南雲はチェイン始動役を担ってもらいました。

使用感
青銅の加入により、後半は青銅と天馬の2トップ、トップ下には背が高いロニージョという布陣を取ることが可能となりました。
青銅がいない頃はロニージョと天馬の2トップといういかにもロニージョが足を引っ張りそうな布陣だったので、青銅は良い具合に助っ人として活躍してくれます。
ディフェンスは相変わらずガード+8のトーブたちが暴れてくれるので、特に変更する必要はありませんでした。
青銅が加わった今となってもまだオフェンスには不安がありますが、かなりマシになりました。


4.ザセパライレブン

チーム紹介記事→【チーム紹介(4)



変更点
カッパ→立向居
アスタ→デザーム

変更理由
後半GKを蛇野にした際のセンターバック要員としてアスタを採用していましたが、GKを蛇野にすることがなかったので解雇。
カッパも全く出番がなかったため解雇(そもそもなぜ採用したのか不明)。
蛇野をGKにしないのであればサブのGKを新たに用意する必要があると感じたので立向居、後半GKが立向居の際にボランチに牧谷、郷院を起用する理由がないのでチェイン始動要員となれるデザームを採用しました。

使用感
後半にGK立向居とした際、ボランチにデザームと塔子を配置しデザーム始動の稲葉チェインを狙うことが可能となりました。
ボランチが牧谷、郷院だとチェイン始動役が少ない点が悩みどころでしたが、後半には綱海(LJ)に加えてデザームも始動役となることができます。
さらに、デザームはゲージ速度Sなので仕事率が非常に高いです。
ただ、これをする時はGKの源田を交代することになるので、状況に応じてどちらを起用するか考える必要があります。
牧谷、郷院を残してサイドにデザームを置くという選択肢もなくはないんですけどね。


今回のチーム紹介は以上で終わりです。
なにかあればコメントお願いします。
最後まで閲覧ありがとうございました。

イナスト2013対戦記録

はじめに、完全に“自分用”です。
淡々とイナスト対戦だけしていても物足りないので、モチベーションを上げることも兼ねて自身の手で記録をつけていくことにしました。


表記方法:--


【通算】

366-64-74

続きを読む»

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンについて書いています。
イナスト2013最終7位
ポケモンORAS最高2162
ポケモンSM最高2102
ポケモンUSM最高2149
TwitterID@Rumpara25

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR