【ポケダン超】中間地点到達

ポケダン超発売から約1ヶ月が経ちました。
進捗はどうなのかというと、仲間の種類が720種類中360種類を突破しました!



これでやっと折り返し地点といったところでしょうか。
地道に調査をこなしていった甲斐がありました。
Lv.50以上のポケモンの数も増えてきて、冒険が非常にスムーズに進んでいます。

ポケダンではレベルの高い=ステータスが高いわけでこれも必要な要素ではあります。
しかしそれ以上に、「はじけるほのお」「みずのはどう」といった数マス先まで届く技や「ほうでん」「ねっぷう」といった部屋全体技を所持したポケモンがより頼りになりますね。(これはポケダンシリーズ通して言えること。)

攻撃技には経験値があり使うに連れ、威力や命中率が上がるので、レベルの低い主人公でもかなりのダメージを与えてくれます。
さらに、技の経験値はその技を習得しているポケモン全員に共通して入るので、技は惜しみなく使うべきだと思います。
PPを回復するピーピーエイダーも手に入りやすいのでなおさらですね。

また、ポケダン超でメガシンカを体験することができました。




メガシンカはラピス覚醒をリングルにはめることで起こります。
メガシンカすることで技の威力が大幅に上がるほか、なんと前方からの攻撃を無効化することができるのです。
しかし、メガシンカは一定時間経つと暴走状態に陥り最終的に元の姿に戻されます。
暴走状態とは名前通り暴れ出し操作不能になりますが、すぐに解かれますしダメージを負うわけではありません。
メガシンカ中になるべく調査を成功させたいところですね。

【ポケダン超】クリア後ストーリー 攻略

ストーリー本編をクリアしてからしばらく放置していましたが、クリア後のストーリーも無事終えることができました。
クリア後のストーリーは本編同様に重要な話でもあったので、そこまで辿り着くことができて良かったです。
ただし、時・闇の探検隊のクリア後ストーリーほどのボリュームはなかったですね。

クリア後ストーリーで挑まなければならないダンジョンは合計3つあります。
順番に、砂の大陸の「せいれいの丘」、草の大陸の「ミステリージャングル」、水の大陸の「じょうかの洞窟」です。

この中でも、「せいれいの丘」と「ミステリージャングル」は主人公一匹で挑まなければなりません。
この2つは難易度でいうと“かなりむずかしい”に分類されるダンジョンとなっています。
本編クリア直後の主人公のレベルは高くても30弱かと思われますが、このレベルで真正面から突っ込むと間違いなく死にます。

これらのダンジョンをクリアするためにレベルをさらに上げたいところですが、今作は非常にレベルが上がりにくいです。
なので、レベルを上げるのではなく、必要な道具を回収するようにしましょう。
ここで意味する必要な道具とは、ダンジョン内でのエンカウント率をできるだけ下げる道具です。

そこで、注目した道具がガイドのえだトンネルのえだです。
まず、ガイドのえだで階段の位置を把握し、最短ルートで階段に行き着くことができます。
さらに、トンネルのえだで道を開通させることで、さらに短いルートで行くことができます。
この2つの道具を使うことで、エンカウント率をぐっと下げることができ、ダンジョンを楽に進めることができました。

これだけではエンカウントしたとき終わってしまうので、しのぎのえだしばりだまなども必要不可欠です。
これらはダンジョンに挑む前に、最低でも10個前後は欲しいですね。

またダンジョン内でラピスを拾うことにより、圧倒的に有利に立つこともできました。
中でも、覚醒は非常に強力なラピスでした。
ちなみに、このラピスは今のところこの2つのダンジョン内でしか目撃されていません。
覚醒の効果は自分の目で確かめてみてください。

こういう風にして自分はダンジョンを進めていきました。
最初はあまりのレベル差に嘆いていましたが、道具をうまく利用することですんなりクリアできました。


【ポケダン超】ストーリークリア 感想

「ポケモン超不思議のダンジョン」なんとかクリアできましたヾ( ^ω^)〃



今作は過去作以上にシナリオが長いように感じましたが、過去作に劣らずかなり凝ったストーリーだったと思います。
スケールの大きさは一番ではないでしょうか。
話が進むに連れ自分なりに筋道を立てながらプレイするようにしていましたが、予想とは全く異なった展開が多々ありとても面白かったですね。


システム面で過去作と変わった点は、

・チームが4体から3体に変更
ピーピーエイダープチふっかつのタネの登場
・“技の連結”が消え、“技の連携”が登場
リングルラピスの登場


などなど。


プチふっかつのタネとはふっかつのタネと同様に、瀕死したポケモンを復活させることができるが、PPやおなかは回復しないという仕様です。
しかし、ストーリーの序盤から手に入るアイテムなので、有用性はかなり高め。

なんでこんな便利なアイテムが序盤から手に入る理由は、ダンジョンが過去作に比べると難しくなっているからですかね。
個人的には難易度が高いというより、バランス崩壊というべきだと思いますが…。

ストーリーダンジョンで、出現するポケモンからの被ダメでだいたい確定3発をとられます。
終盤のダンジョンになると、半減の攻撃がこちらに半分入るので意味が分からなかった。
中には、水の波動等の遠距離攻撃2発で平気で死ぬダンジョンが“ストーリーで”出てくるので完全に初見殺し。
自分は4~5回失敗してやってられないと思い、リセットを繰り返すという準伝厳選でやるような作業を何度かやりました()

そもそも明らかに自分と相手のレベルに差がありすぎるので、まともに挑んでは勝てません。
ふっかつのタネの用意はもちろん、ガイドのえだなどでエンカウント率をできる限り下げるなど対策は必須です。

といった感じで、明らかに調整がおかしいだろと思いながらなんとかクリアできました。
味方ポケモンの増加など救済措置が施され、かなり楽なダンジョンもあるので一概にバランス崩壊だとは言えませんが、ストーリーダンジョンでこれはないだろと頭を抱えながらプレイしてました。
まぁ完全に詰んだストーリーダンジョンはないので、持ち物やプレイングを変えるだけでどうにでもなるレベルではある。

そして、クリア後のストーリーをやろうとしダンジョンに入って1分でDSの蓋を閉じました(終)

ポケダン超 買いました(・ω<)

というわけでね・・・「ポケモン超不思議のダンジョン」買ってきましたヾ( ^ω^)〃



主人公にヒトカゲ、パートナーにキモリを選びました。
自分は本家のポケモンの対戦でリザードンをよく使っていたので、ヒトカゲを主人公にしました。

本家のポケモンのレート対戦が一区切りしたこの時期のポケダン発売はありがたかったですね。
シーズン12は本家のポケモンはほどほどに、ポケダンを楽しみたいと思います。
夏休みがもうすぐ終わるので、それまでにはストーリークリアまでいきたいですね~。

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンについて書いてます。
イナスト2013最終順位7位
ポケモンORAS最高レート2162
ポケモンSM最高レート2102
なにかあれば@Rumpara25へ。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR