FC2ブログ

レートの民〈62〉

シーズン17も残り2週間となりました。
今シーズンは前シーズンより期間が1週間短く、かなり焦っています。

現在の自分のレートは、メインROMが2017、サブROMが1961です。



今シーズンも瞬間順位ですが100位以内に乗ることができましたヾ( ^ω^)〃
そして、今は落ちてしまいましたが2ROM2000も達成することができました。
しかし、目標はまだここではないためさらに精進していきたいと思います。

メインROMですが途中までかなり良い勝率を維持することができました。



10敗以内で2000達成できるか・・・というところでしたが、残念ながら2000に乗ったときはすでに22敗していました・・・(それでも満足)。
ここまで高い勝率を維持できたのも、培ってきたプレイングのおかげだと感じています。
最ヘラクレセクチートを使い始めた今年の2月から早半年が経ったもので、すっかり自分のベスト構築となりました。
それだけこの構築に対する信頼度は高いですね。

前置きにも書きましたが今シーズンは期間が1週間短いです。
それを知ってから目標である2200に辿り着けるかどうか不安になってきました(手遅れ)。
ただ、期間が短いからといって諦めてしまうほどこれまでの努力に嘘をつきたくはありません。
過去のシーズンを振り返っても今シーズンほどペース良くレートを上げることができたシーズンはありませんし、S16以上の結果を出せるように頑張りたいです。
ここからが本当の戦い、負けるわけにはいかない・・・!

レートの民〈61〉

シーズン17が始まり5週間が経ちました。
オフが終わったのでレートに集中していこうと思います。

現在の自分のレートは、メインROMが1914、サブROMが2003です。



これで4シーズン連続2000達成することができました!
S16同様に早い段階で2000に乗せることができて良かったです。
しかも、100戦以内に2000に乗せられたのは初なのでとても満足しています。



また、メインROMも現在34勝8敗で1914まで来ています。
10敗以内に1900に乗せられたのも初なので、メインROMもサブROMみたく100戦以内に、いやもっと少ない対戦回数で乗せられたらいいですね。


オフの話になりますが、参加したオフの自己成績はこちらになります。

1.つりざおオフ(8/14)
予選6-0(メリープブロック1位)
決勝T2回戦負け(ベスト16)

2.背伸びオフ(8/20)
予選4-2(ファイアローブロック1位)
決勝T1回戦負け(ベスト32)

3.東海シングルフェスタ(8/21)
予選8-3(アメリカブロック3位)


また、使用した構築の並びはこちらになります。
・つりざおオフ、東海シングルフェスタ
メガヘラクロスゲンガークレセリアメガクチートロトム火ガブリアス

・背伸びオフ
メガヘラクロスブラッキークレセリアメガクチートロトム火ガブリアス

3回のオフでの勝敗を合算すると19勝7敗です。
自分でも頑張った方だとは思いますが、あまり良い結果が出せたとは思いません。
特に、東海シングルフェスタでは8-3で予選落ちとかなり悔しい思いをしました。
この3回のオフに自分が考えるほぼ完成された最ヘラ軸の構築を持って行ったものの、良い結果を出すことができませんでした。
この悔しさを胸にS17は頑張っていこうと思います。

アカメが斬る! 14巻感想

今日の昼間に立ち寄った本屋で、 「アカメが斬る!」14巻を買ってきましたヾ( ^ω^)〃



13巻発売から14巻発売まで半年以上待ちました。
「アカメが斬る!」のアニメが放送開始された2014年夏からもう2年が経ったと思うと時間の流れって早いものですね。

続きを読む»

【第3回背伸びオフ使用構築】極・最ヘラクレセクチートwithブラッキー【ベスト32】

〈第3回背伸びオフ〉~極・最ヘラクレセクチートwithブラッキー~

今回は、自分が第3回背伸びオフで使用した構築を紹介していきます。
PTの並びはS15使用構築と全く同じなので、詳しい説明が知りたい方は参考にしてください。






[成績]
予選4-2(ファイアローブロック1位)
決勝トーナメント1回戦負け(ベスト32)




(※優勝したガガガさんは消されたもよう。)

続きを読む»

名探偵コナン 90巻感想

発売日を迎えたので、「名探偵コナン」90巻買ってきましたヾ( ^ω^)〃



ついに名探偵コナンも90巻まで達しました。
ラベルに描かれている赤井安室を見ると「純黒の悪夢」を思い出さずにはいられませんね。
この2人の戦いの行く末がどうなるのか、非常に楽しみです。


以下、90巻の内容に触れていきます。

続きを読む»

レートの民〈60〉

シーズン17が始まり4週間が経ちました。
ORAS最終シーズンである今シーズンもいよいよ後半戦開始です。
今シーズンも悔いのないように頑張りたいところです。

現在の自分のレートは、メインROMが1817、サブROMが1904です。



なんとかサブROMを1900に乗せることができました。
今シーズン序盤はS14・15で使用したヘラブラの構築を改良して試運転していました。
いろいろな型にして試行錯誤した結果、うまくハマり1900まで行くことができました。

ゲンガーを使った後にブラッキーを使って思うことは、やはりフェアリータイプがつらいということですね。
ニンフィアが相手のPTにいるだけでクチートを選出しなければいけません。
それに対して、スイクンが相手のPTにいる場合ヘラを選出しなければなりません。
つまり、ニンフスイクンが同席しているとき、こちらはほぼ詰んでしまうというわけです。
そこで、この並びを狩るためだけのクチートの型を考案しました。
この型の紹介はオフが終わってからにしたいと思います。

また、ガブリアスの型も非常に悩ましいです。
これまで自分はガブリアスを、鉢巻・襷・スカーフと使ってきましたが、どれもガブリアスが持つ力を存分に発揮することができる持ち物でした。
ヘラブラクレセクチートヒトムガブのガブリアスに求められる役割を考えたとき、どの型が一番ふさわしいのか決定が難しいです。
リザードンやウルガモスを処理するために起用されたガブリアスですが、もちろんその他役割はたくさんあります。
その役割と相談しながら持ち物を決定し結論を出したいですね。

先週末に行われたつりざおオフでは、ヘラゲンクレセクチートヒトムガブを使いベスト16という結果に終わりました。
全体を見ると7勝1敗とかなり良い結果のように見えますが、負けた試合の敗因はプレミなので反省しなければいけません。
(岩封やったなぁ・・・。)
今週末に行われる背伸びオフ、そして東海シングルフェスタではそういうことがないようにしたいです。
目標はベスト4、最低でもベスト8、できれば優勝を目指して今週末のオフには挑みたいと思います。

「イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア」プレイしました

イナイレ新作が発表されたということで復習も兼ねて、「イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア」をプレイしました。



イナイレ2をプレイしたのは4,5年ぶりだったので、けっこう懐かしかったですね。
イナイレ2はイナイレシリーズの中では最もストーリーが良いと感じているシリーズです。
ただ、ゲームかアニメかで比べると試合内容的にアニメの方がいいかなーって思いますね。

イナイレ2は旅立つ時に足りないメンバーを補充しますが、今回は一之瀬・土門そして水口を入れました。
※水口は傘美野中の選手です。
水口は適当に入れましたがストーリーでの全試合にスタメンで起用しました(謎)



漫遊寺戦でハットトリックを決めるなど中盤までは思いの外活躍してくれましたが、終盤ではサッカーバトルのGKに素手でスネークショットを止められるなど噛ませ臭しかしませんでした()
沖縄の秘伝堂で入手したドラゴントルネードで染岡の役目を果たそうとしたものの、全然活躍しませんでしたね ; ;
そもそもステータスが低すぎる。

ストーリープレイの様子は【ツイキャス】ですべて放送しました。
次もなにか放送でプレイするかも・・・?

【オフレポ】第2回つりざおオフ

8/14(日)に開催された「第2回つりざおオフ」に参加してきました!
今回使用した構築についてですが、まだ公開したくないので並びだけ紹介します。



「S16使用構築と変わってないやないかいw」って突っ込みはなしでお願いします()
※S16の構築記事は【こちら】です。


[成績]
予選6-0(メリープブロック1位)
決勝トーナメント2回戦負け(ベスト16)





[選出]
メガヘラクロス3/8
ゲンガー4/8
クレセリア4/8
メガクチート5/8
ロトム火3/8
ガブリアス5/8
最初の5試合ヘラ選出してなくて「これ怒られるな」と思い、以降ヘラを選出するようになりました。
PTにヘラを入れてすらいない炭酸発狂芸人を許すな。


[対戦振り返り]
・予選1戦目 vsShuNさん 勝ち
自分:ガブリアスクレセリアメガクチート
相手:メガリザードンYクレセリアポリゴン2

・予選2戦目 vsかっしーさん 勝ち
自分:ゲンガーメガクチートガブリアス
相手:マフォクシーゲッコウガメガサーナイト

・予選3戦目vsMSさん 勝ち
自分:ゲンガーメガクチートロトム火
相手:ローブシンエルフーンクレッフィ

・予選4戦目 vsシアさん 勝ち
自分:メガクチートクレセリアロトム火
相手:ラティオスメガハッサムスイクン

・予選5戦目 vsぶちおさん 勝ち
自分:ゲンガーメガクチートガブリアス
相手:メガゲンガーマリルリサザンドラ

・予選6戦目 vsあんぱんさん 勝ち
自分:ガブリアスメガヘラクロスクレセリア
相手:メガリザードンYポリゴン2ガブリアス

・決勝T1回戦 vsシアさん 勝ち
自分:メガヘラクロスクレセリアロトム火
相手:スイクンメガバシャーモマンムー

・決勝T2回戦 vsちゃあじさん 負け
自分:ゲンガーメガヘラクロスガブリアス
相手:メガゲンガーガブリアスファイアロー


[総評]
今回は予選を全勝で抜けることができ、かつ決勝トーナメントも1回勝つことができ自己最も良い結果を出すことができました。
しかしながら、決勝トーナメント2回戦では致命的なプレミをしてしまい敗北することになったので、ここについては反省するとともにとても悔しい思いでいっぱいです。
構築や選出は完璧だったにもかかわらず、プレミで敗北してしまいかなり落ち込んでいます・・・。
これほど後味の悪い終わり方は今までなかったので、今後はこういうことがないようにしたいです。

目標のベスト4まであと2勝というところで今回は敗れてしまいました。
しかし、この夏はまだオフに3回参加する予定なのでそこでさらに良い結果を残すことができるように努めていきます。

つりざおオフを主催・運営してくださった方々、そして自分と対戦してくださった方々ありがとうございました。
このオフでの経験を生かし、この夏悔いの残らないようにしたいです。

それではORAS最後のオフ第1の陣、これにて閉幕。


岩封やったなぁ・・・。

レートの民〈59〉

シーズン17が始まり3週間が経ちました。
今シーズンはサービス終了まであるかと思われていましたが、従来通り約2ヶ月間とのことですね。

現在の自分のレートは、メインROMが1824、サブROMが1705です。



今週はあまり潜れなかったのであまりレートは伸びてません(ーωー)
もう2000達成者も数名出てきているのでぼちぼち上げていきたいところです。
とはいえ、夏休みに入ってバイト等で余計時間が確保できなかったりする()

サブROMではポリゴン2入り最ヘラクレセクチート軸を使っていました。

ポリゴン2

S15の時とは異なりDにかなり努力値を割き、電磁波をシャドーボールに変更しました。
こうすることでHSメガゲンガーの気合玉を2耐えすることができ、さらにシャードーボールで確定3発をとることができます。
ただ、Cが低いことでシールドフォルム状態のギルガルドに対して負荷をかけられず、剣舞の起点にされてしまいがちです。
まだあまり試合をしていないので、弱点を見つけ克服できるように努めたいですね。

来週の日曜日はいよいよ夏休み最初のオフであるつりざおオフに参加してきます。
これまで予選を抜けたことが一度しかないので、まずは予選を抜けて優勝を目指して頑張りたいと思います。

(ヘラクロスのKPはどうなるのか果たして・・・?)

【ORAS】構築におけるメガ枠の決定

構築を組む段階でまずはじめに構築の軸を決定することが大切です。
その構築の軸はメガ進化ポケモンであることが多いものだと思われます。
それでは、構築にメガ進化ポケモンを組み込む際にどのようなことに注意すれば良いのか、簡単にまとめていきます。


メガ枠1体の場合
構築にメガ枠が1体のみの場合、このメガ枠にパワーが欠けてしまっては全体的に決定力に欠ける構築となってしまいます。
そのためメガ枠1体で運用する場合は、役割範囲が広く、かつ決定力が非常に高いガルーラ・ゲンガー・バシャーモ・クチートあたりが候補に挙がってきます。

メガガルーラメガゲンガー
メガバシャーモメガクチート

これらのポケモンであれば、構築に必ずもう1体メガ枠を必要とするわけではないので、決定力に欠けるということはないはずです。
しかし、これ以外のメガ枠だと構築全体のパワーが欠けてしまいがちです。
また、上記4体のメガ枠であっても選出段階でメガ枠を出せないと判断した際、メガ枠なし選出を強要される点は注意しなければなりません。


メガ枠2体の場合
ほとんどの構築がメガ枠2体採用だと思われます。
このとき、採用するメガ枠の弱点を被せることを考えています。
例えば、メガ枠にヘラクロスとクチートを選択します。
ヘラクロスもクチートもSがそこまで高くないが故にゲンガーに縛られたり、両者炎タイプが弱点ということでバシャーモやリザードンやファイアローが苦手です。
こうして弱点をあえて被せることで対策するべきポケモンを絞りやすくし、残りの補完枠を組み込みやすくできます。
さらに、選出のしやすさという点でこういった構築の組み方は優れていると考えています。

それに対して、メガ枠の役割を別々にする場合は上記とは異なり軸を2つ用意することができます。
いわゆる、表選出と裏選出というやつです。
ただし、役割が異なるせいで表選出のメガ枠の弱点を裏選出のメガ枠で補っている場合、メガ同時選出ができないため選出が窮屈になってしまいます。
バシャーモやゲンガーやハッサムのようにメガ同時選出ができるポケモンであればこの問題は解消することができます。


メガ枠3体以上の場合
メガ枠3体以上の場合は積みリレー主体の構築になると思われます。
ステロ撒き+メガなし積みエースorバトン役+メガ枠積みエースのような形をとることで、メガ枠を3体以上採用することができます。
このような構築の利点はメガ枠エースをたくさん用意することができて、相手の構築に対し柔軟に選出できるという点です。
構築としてのパワーを最大限に生かすことはできますが、サイクルパなどでの運用は難しそうです。

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンに関する記事を更新しています。
イナスト2013最終7位
ポケモンORAS最高2162
ポケモンSM最高2102
ポケモンUSM最高2149
Twitter@Rumpara25

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR