FC2ブログ

MAJOR2 7巻感想

昨日の帰宅途中の本屋で、「MAJOR2」7巻買ってきましたヾ( ^ω^)〃



6巻に記載されていた予告で、7巻は11月中に発売されることを知っていましたが毎度ながら購入が遅れてしまいました。
8巻は来年の2月予定とのことなのでもう少し先になりますね。

続きを読む»

ドラゴンボール超 未来トランクス編 感想

「ドラゴンボール超」では、今年の6月中旬から11月下旬にかけて未来トランクス編が放送されました。
放送期間は約5ヶ月間と長期にわたり、ストーリーのスケールも大きく過去のシリーズと比べると全体的に最も良い出来だった、というのが率直な感想です。


①未来トランクスの再登場

DB2.png

今シリーズの主人公ポジションとも言える未来トランクスが人造人間・セル編以来の登場となりました。
人造人間の時と同様に未来の世界で強敵が現れたことを理由に過去の悟空やベジータがいる時代にタイムマシンでやって来たことが事の発端でした。
未来トランクスの時代にはトランクス以外のサイヤ人はすでに存在せず戦力不足であるため、強敵が現れるとついつい過去の悟空たちを頼りがちな側面が未来トランクスにはありますね。
とはいえ、人造人間の時より遥かにひどい世界で生き抜くことを強いられていたため、悟空たちを頼るのも仕方ないのかなと思います。

この過去のサイヤ人に頼りがちな未来トランクスの甘いところは、序盤のベジータとのやりとりで描かれていました。
未来トランクスの「父さんたちがこんなに強いなら安心だ」というセリフを聞いたベジータが「甘ったれるな!俺の息子なら自分の手でケリをつけろ!」みたいなことを言った場面はかなり印象に残っています。
そして、これが伏線となって最終的に未来トランクスが自分の手で敵を打ち倒しました。
このシーンはまさに、過去のサイヤ人に頼りがちだった未来トランクスが大きく成長できた瞬間ですよね。
悟空やベジータが超サイヤ人ブルーになって闘う中、通常の超サイヤ人のまま立ち向かい続けた未来トランクスは本当にカッコよかったです。


②敵が界王神

DB4.png

破壊神ビルスを除けば神を敵にするというストーリーは今シリーズが初めてでした。
今回の敵となった第10宇宙の界王神(見習い)ザマスは、もともと人間の存在を嫌っており、悟空との戦闘が決定打となり人間を排除する計画を“一人で”企てました。
ザマスのなにがすごいかというと、自分の理念を突き通し人間を必ず撲滅させるという執念ですよね。
これは師匠(?)であるゴワス殺害計画やスーパードラゴンボールの使用に表れています。

スーパードラゴンボールによってザマスは2つの願いを叶えました。
1つ目は自分の身体と悟空の身体を入れ替えること。
これによりザマスは悟空の身体を手に入れ、後述するゴクウブラックが誕生したというわけです。
2つ目は自身の身体を不死身にすること。
これは未来トランクスの時代のザマスの身体を不死身をしたという意で、これによりゴクウブラックと不死身ザマスのコンビが誕生しました。
ここまで執念深い計画性は過去の敵キャラには見られません。
そういう意味でもザマスはキャラが濃かったと言えますし、未来トランクス編が面白いと感じた要因の一つでもありました。


③ゴクウブラックの存在

DB5.png

「見た目は悟空、頭脳はザマス、その名はゴクウブラック!」←謎解明時考えたフレーズ
ゴクウブラックの正体はスーパードラゴンボールによって生み出された悟空ではなく悟空たちがいる方の時代のザマスが悟空と身体を入れ替えた姿で、謎が解明された時は驚きを隠せませんでした。

ゴクウブラックはなによりその戦闘力の高さで悟空やベジータを圧倒し、スーパーサイヤ人ロゼというゴクウブラックだけがなれる姿に変身することができます。
ベジータが3度目の対決の際、「所詮は身体を乗っ取っただけ。サイヤ人の細胞がないお前にサイヤ人の身体を使いこなすことはできない。」みたいなことを言ってましたが、それにしてはかなり強い設定だったと感じます。
悟空たちと闘うたびに強くなると言っていたので強い理由は分かりますが、中身がザマスで最初の戦闘時に悟空にボロ負けしていることを考慮するとやはり強すぎるなぁと思いました。
超サイヤ人ブルーの悟空が2度も負けたので、そう感じるのも無理ないかもしれません。


④ベジットの登場

DB1.png

ゴクウブラックのあまりの強さに1度ならまだしも2度も負け、自分たちの時代に逃げ帰る形となってしまった悟空とベジータに残された勝機の一つ。
ゴクウブラックと不死身ザマスがポタラで合体した時点で察していましたが、悟空とベジータが合体してベジットとなる展開はかなり燃えましたね。
ベジットというと、やはり魔人ブウ編でのあの圧倒的な強さを示した感じがたまらなく良いのです。
今回もやや押されるところはあったもののザマスを油断させたり圧倒したりすることでベジットらしさが際立っていました

ベジットvsザマスだけに限らず、今シリーズはほぼすべての戦闘シーンの作画が安定しているどころか中には劇場版級のものまであり、見応えがありかなり満足しています。
戦闘回は制作側の本気度がより伝わってきた回でした。


ここまで未来トランクス編を通して良いと感じた点について書きましたが、納得のいかないシーンもいくつかありました。

・未来トランクスと悟飯の再開
→あまり感動しなかったが最後に悟飯が登場する場面は良かった。

・2度目の対決でチチや悟天が殺されたことを知り、怒り少し覚醒(?)するもあっけなくやられる悟空
→主人公にしては情けなさすぎる。

・魔封波でザマスの封印に成功するも肝心のお札を忘れすぐに復活
→“魔封波”というワードを出したかっただけ感が否めない。

・最終的に全王様がザマスが支配した世界を消滅させた
→結局そうなるのか。そもそも最初から全王様呼んで勝ちやん。

特に、全王様がすべて解決してしまったという展開は、悟空が全王様から例のボタンをもらった際に「このボタンで呼び出された全王様が丸ごと解決みたいな展開ワンチャンあるんじゃないか」と勝手に予想していたため、まさかそれが当たってしまい少し悲しかったです。
ザマスを倒したのは未来トランクスだが、問題解決にまで至ったのは全王様のおかげでしかないため、盛り上がりに欠けたと思います。


とはいえ、以上の不満要素を踏まえても今回の未来トランクス編は素晴らしい出来だったと感じています。
初期の劇場版焼き直しのシリーズと比べると、ストーリーもキャラもよく仕上がっており、なにより作画・演出が比べ物にならないくらい良いものとなっていました。
今後のドラゴンボール超も作画班が過労死してしまわない程度に良い作画を期待しています。

「ポケモン サンムーン」ストーリークリア報告

発売日当日に購入した「ポケモン サンムーン」ですが、無事ストーリークリアしました。
合計プレイ時間は20時間前後、クリアした日時は11/20で3日かかってしまいましたね。
11/19に京大カップという大会に参加してきたのでサンムーンをやる時間がありませんでした。
ちなみに、その京大カップですが見事優勝!・・・ではなく惜しくも準優勝でした。



ルールはORASシングルで決勝まで駒を進めたのでとても満足しています。
PTはいつものヘラゲンクレセクチートヒトムガブで挑みました。
ただし、クチートだけ型が異なるため画像を貼っておきます。



7世代から麻痺によるS下降が1/2となったため、麻痺したメガゲンガーを意識してほぼ準速のクチートにしました。
ORASで使うと威嚇が入った陽気ガブの地震+鮫肌×2を耐えず負けましたが、SMからは鮫肌で倒れても勝ちになるため問題なく使えるかなと思いました。
なお、SMシーズン1でクチートは使えないもよう。
それどころか、シーズン2以降でメガクチートが使えるかどうかもあやしい・・・。

続きを読む»

「ポケモン サンムーン」買いました

ついに7世代の開幕だ!!!



ということで、本日11/18(金)に発売された「ポケモン サンムーン」を買ってきました。



もともとサンのみを買い、1~2週間後に落ち着いてからムーンを買う予定でした。
しかし、近所のヤマダ電機に立ち寄ったところサンムーンともに2つずつ残っていたので、「これは買うしかねぇ!」とたまたま2ROM分の代金を用意していたこともあり両方買ってしまいました。
(予約してなかったなんて言えない・・・)

これからどんどんストーリー進める・・・と言いたいところですが、明日にORASシングルの京大カップを控えているため、すぐにカセットを入れ替えることになります笑
ストーリーはBGMも聴きながらそれなりにゆっくり進めたい派なので焦らずやっていきます。
サンムーンはストーリークリア次第、いろいろ書きたいと思います。
(レートの民シリーズもそのうち再開する予定です。)

【ORAS】最速メガヘラクロス

今回は最速メガヘラクロス、通称“最ヘラ”について紹介・考察していきます。



最ヘラにはHSで身代わりや剣の舞を搭載した型も存在しますが、今回は自分がレートで愛用し続けてきたASのフルアタ型を紹介していきます。

続きを読む»

【オフレポ】Sameオフ

11/12(土)に行われたSameオフという対戦オフに参加してきました。
Sameオフは元々チーム戦のオフでしたが、人数の都合で急遽個人シングルのオフとなりました。
自分はチーム戦の「XYシングル」部門で出場する予定でした。
レートで使ってる構築がXYでも変更なく使えるので良いかと思いましたが、残念ながらそうはならず。
ちなみに、「XYレート最高1700です><」と初心者を装った自己紹介をするつもりでした笑


会場に着いて少し経つと、元々チームを組むはずだったカフカさんと@サイダーが到着しました。
@サイダーはなぜかサングラスをかけてました。

パ「昨日職質されんかったの?」
サ「おう、大丈夫だったわw」

初手の会話がこれ。
昨日はカフカさんと通天閣を訪れたようですがなにも言われなかったようです。
ただ、通天閣を階段で降りたとか。
この発狂芸人、侮れない。


それから少し経って部屋の外を覗くとキョロキョロしている人が。
一旦戻って名札をつけもう一度向かって話しかけるとあんでぃさんだと分かりました。
あんでぃさんは自分と同じくヘラクロスを使う人(ソーラン界隈)であり、また自分が今回のオフに誘った人でもありました。
あんでぃさんは今回が初オフということで緊張していましたが、一緒に@サイダーを煽りながら緊張をほぐしました。


対戦を振り返る前に、今回使用した構築の並びはこちら。

メガヘラクロスゲンガークレセリアメガクチートボルトロス化身ガブリアス

そして、今回使用したのはNN Cider☆killerの†つばめがえし†ヘラクロス。



チーム戦ではなく個人シングルに変更されたことを聞き、@サイダーの生発狂を見たいがためにこのヘラクロスを作りました(沼)


全員集まったところでブロック分けが行われました。
じゃんけんでのブロック分けで、「チョキやったなぁ・・・事件」があったことからずっとチョキを出していましたが、見事に全部負けました()
というわけでじゃんけん全敗ブロックに配属されました。

4ブロック中@サイダーがいたブロックのみ5人、他は4人のブロックで予選を行いました。
結果は、自分は2-1の2位通過、あんでぃさんは3-0の1位通過、@サイダーは唯一の0-4で最下位。

「サイダーざっこwww」

というわけで、ソーラン界隈からは自分とあんでぃさんが予選抜け(2/3)。


そして決勝トーナメント。
あんでぃさんが1位通過、自分が2位通過だったのでワンチャン当たるなと思ってたら案の定一回戦で当たってしまいました。
まさかのソーラン界隈対決。
お互いのPTでヘラクレセボルトガブの4体が被っているという状況の中、結果は自分がヘラクロスを通して勝ちました。
あんでぃさんはヘラクロスではなくガルーラを選出してしまったので、ヘラクロスを出さなかったことが敗因でしょうね(クレセリアが秘密麻痺引いた後痺れてたら負けてた試合)。

準決勝はジーランスに半壊させられた挙句、ヘラクロスに2タテされるという後味の悪い負け方をしました。
クレセリアがミサイル針を耐えず、ヘラクロスが最速起きできなかったのが痛かった。
裏のバシャーモがバトン型だったので、最速起きしていれば燕返しの乱数次第で勝てていたかもしれないですね。
(なぜかここで燕返しが唯一の勝ち筋となっている。)

3位決定戦はなぜか因縁ができてしまったあんぱんさんとの対決。
ヘラクロスを選出して技構成を後ろの方々に見られた時、燕返しの存在が@サイダーにバレてしまい企画倒れ()
試合はこちらの選出が噛み合い、終始こちらのペースで勝つことができました。
雨使ってこないあんぱんさんは怖くない。
↑前回の東海シングルフェスタが主な原因

というわけで、Sameオフ3位という結果を残すことができました!
燕返しヘラクロスは強い(一度も撃ててない)。


自分が3位になった一方、@サイダーは最下位決定戦の決勝(?)に駒を進めていました。
なお、その試合は勝ったため最下位は免れたもよう。
界隈の長ほんまヨワシだ・・・。


対戦オフが終了し@サイダーやカフカさんと少し話した後、二次会のため梅田へ移動。
そこでカオスさん・kumaさん・でんそんさん(超豪華メンバー)と合流し二次会をご一緒させていただきました。
たくさんお話しすることはできませんでしたが、ご一緒できただけでも自分にとってはとても嬉しいことでした。

二次会終了後、自分は帰宅することにしたのでここで離脱。


主催のアーセナルさん、東京から遠征して来られた@サイダー・カフカさん、そしてオフで自分と話してくださった方々、本当にありがとうございました!
6世代最後のオフとして最高に良い思い出となりました!
なによりヘラクロス使ってる人が界隈以外にも何人かいらっしゃって、心の中でめっちゃ喜んでました><


※ここまで@サイダーをdisりまくってますが、二次会含め今日ほどたくさん話せたことはなく内心めっちゃ嬉しかったです。
また関西に遊びに来てください!
ついでにソーラン節踊ってもらいます。

【イナスト2013】チーム紹介(10)

新しくチームを作ったので、今回からチーム紹介記事を再開しようと思います。
では、早速紹介していきます。




【概要】

[チーム名]
グリフォンイレブン

[作成日]
2016.10

[メンバー]
GK:円堂(LJ)
DF:土門(1st)/風丸(LJ)/壁山(1st)
MF:シンジャミ/神童/影山/天馬(雷門)/剣城
FW:白竜/豪炎寺(LJ)
ベンチ:冬花/マーガル/士郎/鬼道(LJ)/不動(LJ)

[フォーメーション]
F-ミドルブロック

続きを読む»

【ORAS】オボンのみヒートロトム

今回はオボンのみを持たせた耐久型のヒートロトムの紹介・考察をしていきます。



続きを読む»

【ORAS】タスキふいうちゲンガー

今回は不意打ちを搭載した襷ゲンガーについて紹介・考察していきます。



[技構成]
シャドーボール/ヘドロばくだん/ふいうち/みちづれ

一般的な襷ゲンガーの技構成は不意打ちの枠が凍える風鬼火かと思われます。
襷ゲンガーと聞いてまず最初に凍える風を頭に浮かべる人も多いのではないでしょうか。
それではまず、凍える風ゲンガーと不意打ちゲンガーの違いについて考察していきます。

続きを読む»

【ORAS】HDくろいメガネブラッキー

今回は自分が使い続けてきたポケモンの1匹であるブラッキーの紹介・考察をしていきます。
数あるブラッキーの型の中でも、自分が初めてレート2100を達成した際に手持ちにいたHD黒いメガネブラッキーについて記述していきます。



続きを読む»

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンに関する記事を更新しています。
イナスト2013最終7位
ポケモンORAS最高2162
ポケモンSM最高2102
ポケモンUSM最高2149
Twitter@Rumpara25

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR