【SM】メガヘラクロスと組ませるメガシンカポケモン

ORASの頃に使いこなせていたメガヘラクロスとメガクチートの組み合わせですが、SMでは環境からの逆風が強く通用しなくなりました。
そこで、メガヘラクロスと組ませるメガシンカポケモンとしてメガクチート以外に相性が良さそうなポケモンを考察していきたいと思います。
本来、このようにメガシンカポケモンから組む考え方は6世代風であり、Zが登場した7世代では別の考え方もありますが、今回はメガシンカポケモンを主軸として考えます。

メガヘラクロス



【裏メガ枠の役割】

メガヘラクロスの裏メガ枠を考えるにあたって、一つ注意すべき点がある。
それは、「ヘラクロスが勝てないポケモンに勝てるメガ枠を探すわけではない」ということである。

ヘラクロスが勝てない(=基本的に対面から倒されてしまう)ポケモンを列挙すると以下のようになる。

ミミッキュバシャーモボーマンダカプ・テテフリザードンカプ・コケコギルガルドウルガモスメタグロス

これらのポケモンの多くはレート環境においてKPが特に高く、いずれの構築にも最低1体は入っているようなポケモンである。
つまり、「ヘラクロスが勝てないポケモンに勝てる」という理由で裏メガ枠を採用してしまうと、ほとんどの対戦において裏メガ枠を選出することになり、ヘラクロスの選出回数は著しく低下してしまう。

逆に、ヘラクロスが勝てないポケモンに対してはメガ枠以外と組ませて対処ルートを確保しておくと良い。
例えば、ボーマンダ対面はポリゴン2に交代、カプ・テテフ対面はヒードランに交代、とメガ枠以外と組ませてサイクルを回し、ヘラクロスを通す立ち回りが望ましい。


では、ヘラクロスの裏メガ枠に求められる役割とはなにか。
役割といっても一言で表せるわけではないが、主に「ヘラクロスを通せそうにない構築に対して選出し、相手の展開に対して切り返すことができる、あるいはこちらの展開を通すことができる」ということである。
ヘラクロスとその補完のみで組んだ場合、ヘラクロスを選出できない構築に対して選出が弱くなってしまう。
ヘラクロス以外の強力な勝ち筋を用意することが裏メガ枠を採用する主な目的である。

また、ヘラクロスの補完となるポケモンと相性が良いと選出の幅が広がる。
これは、ヘラクロスの補完となるポケモンが裏メガ枠とも補完が良いことを意味する。
言い方を変えると、「ヘラクロスと裏メガ枠の共通の弱点をカバーできる」ということである。


以上の点を意識して、ヘラクロスと相性が良さそうなメガシンカポケモン2体を考察する。


【ヘラクロスの裏メガ枠】

1.メタグロス

メガメタグロス

メタグロスは、ヘラクロスが苦手とするボーマンダ、カプ・テテフ、ミミッキュなどに強い。
逆にヘラクロスは、メタグロスが苦手とするポリゴン2、クレセリア、カバルドンなどに強い。
メタグロスは基本的に物理受けでだいたい止まってしまうが、ヘラクロスはその物理受けをだいたい崩すことが可能である。
よって、ヘラクロスは物理受けが選出しないとメタグロスが止まらないサイクル構築に、メタグロスはヘラクロスが刺さらないカプ・テテフやミミッキュが入っている対面構築に、主に選出することを意識する。

また、この2体が共通して弱いポケモンはギルガルド、ゲンガー、リザードン、バシャーモ、カプ・コケコなどである。
よって、これらに強い地面枠を共通の弱点をカバーできる補完枠としてまず採用できる
地面枠としてガブリアス、霊獣ランドロス、カバルドン、マンムーなどが挙げられる。

ガブリアスランドロス霊獣カバルドンマンムー

バシャーモ受けを重視するならゴツメ型の霊獣ランドロスやカバルドン、対リザードンを意識するならスカーフ型のガブリアス、ゲンガーやカプ・コケコへのクッション性能を重視するならチョッキ型の霊獣ランドロスやマンムーを採用する。

この3枠だとヘラクロスが選出できないカバルドン入りの構築に対して大きく不利となってしまう。
このように、特定のポケモンに対し処理ルートがメガ枠1体のみという事態はできるだけ避けたい。
上記の場合、カバルドンとボーマンダが同居している構築に対して、ボーマンダの処理ルートが「メタグロスが対面から倒す」のみだとカバルドンがどうしようもなくなるからである。
つまり、ボーマンダに後出しが可能でヘラクロスと補完に優れた枠、カバルドン+αの並びへの崩しに長けておりメタグロスと補完に優れた枠を考える必要がある
具体的に、前者はロトム系統、ポリゴン2、後者はカプ・レヒレ、カプ・テテフなどである。

ロトム火ロトム水ポリゴン2カプ・レヒレカプ・テテフ


2.ボーマンダ

メガボーマンダ

ボーマンダは、ヘラクロスが苦手とするバシャーモ、ウルガモス、グライオンなどに強い。
逆にヘラクロスは、ボーマンダが苦手とするポリゴン2、ゲッコウガ、ロトム系統などに強い。
ヘラクロスで崩しにくいグライオンを含む受けの補完に対してボーマンダは有利である。
ヘラクロスでは受けループを攻略できないことを考慮するとボーマンダは両刀型、他のポケモンで受けループの処理が可能ならば身代わり竜舞型が適していると考えられる。

また、この2体が共通して弱いポケモンはカプ・コケコ、メタグロス、テッカグヤ、リザードンなどである。
これらのポケモンに対しては、ヒトムや霊獣ボルトロスといった浮いてる電気枠とカプ・レヒレやアシレーヌといった対リザXを意識した水枠の“並び”を補完枠として採用できる
リザードンは電気枠と水枠の並びでサイクルすることで対処する。

ロトム火ボルトロス霊獣カプ・レヒレアシレーヌ

しかし、このままでは対メタグロスに不安が残るため、クレセリアやナットレイといったメタグロスに定数ダメージを与えられる物理受け、あるいはドリュウズや霊獣ランドロスなどのこだわりスカーフ持ち地面が欲しい
メガ枠2体の動きを制限するミミッキュへの牽制として、ナットレイやドリュウズといったミミッキュに明確に強い枠の存在は大きい。

クレセリアナットレイドリュウズランドロス霊獣



ヘラクロス軸の2メガ構築に関してはまだ考察段階であり、また別の考え方が思い浮かび補足できるかもしれません。
今後はレートでの実践を通して、ヘラクロス軸の2メガ構築を煮詰めていこうと思います。

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンについて書いています。
イナスト2013最終7位
ポケモンORAS最高2162
ポケモンSM最高2102
ポケモンUSM最高2149
TwitterID@Rumpara25

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR