MAJOR2 7巻感想

昨日の帰宅途中の本屋で、「MAJOR2」7巻買ってきましたヾ( ^ω^)〃



6巻に記載されていた予告で、7巻は11月中に発売されることを知っていましたが毎度ながら購入が遅れてしまいました。
8巻は来年の2月予定とのことなのでもう少し先になりますね。

7巻の内容ですが、いよいよ三船vs東斗の試合が始まりましたね。
ただ、試合は始まったもののまだまだこれからといった感じですね。
序盤は例の如くアクシデントが発生して、光がピンチでした。
眼鏡が壊れてしまう展開って吾郎の高校時代であった三船高校戦の宮崎を思い出しますよね。
今回は宮崎の時とは違い、ベンチの永井がなぜか持っていた替えの眼鏡で代用して光はプレイ続行できるそうです。
「ひ・・・光!!そのメガネはーーー!?」のカットはウケを狙っている感じがして少し笑ってしまいました。

試合前の話に遡ると、卜部が念願の東斗戦で先発できなかったことを理由に退団を決意。
焦る大吾や佐倉でしたが親友のアンディが説得しても言うことを聞かず途方に暮れる。
アンディによると、卜部は東斗時代で眉村渉にエースの座を奪われた経験があり、そして今回佐藤光に先発の座を奪われ燃え尽きたのだという。
渉も光もプロ選手の二世ということもあり、二世選手を毛嫌いしているようですね。
そんな過去を持つ卜部に対してどのような声かけで三船に戻ってこさせるのだろう、と若干心配しながら読んでいくと一目惚れした泉の応援であっけなく復帰。
まぁ泉ちゃん可愛いし、しかも水着姿だったから無理ないね?

一方、バッティングセンターでばったり出会った大吾と道塁(と佐倉と渉)。
東斗戦に備え打撃練習をしようとしていた大吾だが、道塁の提案により茂野家の庭にて実際の道塁の球で練習することに。
もともと道塁は茂野吾郎に興味があったので、単純に茂野家に行ってみたかったんだと思います。
練習で大吾は道塁のボールにかすりすらせず帰ろうとする渉だったが、吾郎のサインボールに道塁が釣られ渉も泣く泣く付き合わされることに。
眉村健はポーカーフェイス・鉄仮面のイメージが強かったですが、二世たちにそんな雰囲気は見られませんね。
まだ小学生なのでこっちの方が自然なくらいですが。

この後、大吾は卜部とセフティーバントの練習を行い、試合でも1打席目でいきなりセフティーバントを一応成功させる。
これで出塁したときファーストの道塁と吾郎のサインボールについて少し話すが、その時の大吾の表情から察するにやや後ろめたいものを抱えている様子だったので気になりますね。
もしかして、未だに登場しない吾郎に関するなにかなんだろうか・・・。

茂野・佐藤・眉村それぞれの二世が集うこの試合は8巻に続きます。
プレイボールのカットで、お互いのチームの打順とポジションが選手それぞれの顔付きで紹介されており、ふとドラベースを思い出しましたね。
MAJOR2過去最高に見逃せないこの対戦カード、8巻の内容に期待です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンについて書いてます。
イナスト2013最終順位7位
ポケモンORAS最高レート2162
ポケモンSM最高レート2102
なにかあれば@Rumpara25へ。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR