レートの民〈82〉

シーズン3が始まり3週間が経ちました。
「シーズン3全然期間ねーじゃん!」って焦ってる人見かけますが、まだ3週間しか経ってないんだよな…。
ってあと1ヶ月しかねーじゃん(゚Д゚)

現在の自分のレートは、メインROMが1804、サブROMが1713です。



先週までは1600台で迷走状態だったんですが、なんとか構築が固まったのと、今までの運負けを倍返しにした運勝ちを繰り返しここまでレートを上げることに成功しました。
今期も2000を目指せそうで良かったです。
(先週まで信じられないほど運負けしまくって今期呪われてると絶望してた…。)


先週クレセクチートを使うと明言しましたが、現在サイクルと対面の2つの構築を思案中です。
「クレセクチートって構築の種類でいうとどれに該当するか?」という問いかけに対して、サイクルに分類されるだろうが対面である部分も持ち合わせている構築である、と自分は答えます。
クチートとガブリアスが対面したらクレセリアに交代するという立ち回りはまさにサイクル戦のそれなんですが、ギルガルド交代読みでクレセリアを釣り出しのエサにするという立ち回りはもはや対面思考です。
これに似た立ち回りをする構築としてガルクレセが挙げられますが、ガルクレセが対面であるようにクレセクチートも対面であると考えられるはずです。

ただ、クチートのサイクル戦における崩し性能は非常に高く、カバルドン以外の物理受けで止まらないというアタッカーとしての性能はサイクル戦で発揮されるものです。
カバルドンも剣舞+冷凍パンチで吹き飛ばせるので、もはやすべての可能性を考慮するとクチートを受けることは不可能に近いです。
こう考えると、クチート軸はサイクル寄りに組むべきではないかと思うわけですね。

サイクル寄りに組もうとすると、カプ・コケコに後出しできるポケモンが欲しい、キノガッサに後出しできるポケモンが欲しい、ヒードランに後出しできるポケモンが欲しい・・・、などと考えるわけですね。
対面寄りに組むときもある程度は交代先を用意するものですが、サイクル寄りに組む場合はその思考がより顕著に現れます。

しかし、交代先を用意するだけでは構築の完成度としては50%程度です。
交代先を用意しただけの構築はサイクル戦においては有利に試合運びができても、相手が展開構築の場合一気に崩される可能性が高いです。
例えば、バシャーモのビルドバトンからガルーラにつながれてガルーラ受けのクレセリアが突破されたとき、こちら側のサイクルは崩壊します。
よく「構築に1体は挑発持ちが欲しい」と動画の質問返し等で言われますが、これに近い感じですね。

今回はクチート軸をサイクル寄りに組むときの考えについて語りましたが、対面寄りに組む方も同時並行して考え中です。
サイクル寄りに組むより対面寄りに組む方がずっと難しいですね。
構築組むのって難しい…。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンについて書いてます。
イナスト2013最終順位7位
ポケモンORAS最高レート2162
ポケモンSM最高レート2102
なにかあれば@Rumpara25へ。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR