レートの民〈84〉

シーズン3が始まり5週間が経ちました。
2100達成者も出てきたことですし、そろそろ終盤戦突入といったところでしょうか。

現在の自分のレートは、メインROMが1904、サブROMが1729です。



メインROMは1900に乗りましたが、いろいろな構築を試しているサブROMが1700台で踏みとどまっている状態です…。
これではとても終盤戦に臨むなんてできない( ´△`)
気付けば残り3週間ですし、一つの構築に絞って潜っていきます。


先週クチート軸について話した通り、電磁波を捨てトリルでクチートを展開していくことを考えています。
と言っても、ORASの頃と変わらずS振りクチートを使っているので全試合トリルから展開するわけではありません。
6世代の頃トリルを全く使ってこなかったのですが、電磁波が効かない積みアタッカーに対しても切り返すことができる点はトリルの強さの一つだと感じました。

このクチート+トリルクレセを軸としたとき、障害となるポケモン候補の筆頭にキノガッサが挙げられます。
ヘラクロスがいない今、このキノガッサを対策するポケモンが必要だ・・・ということで採用したポケモンがモロバレルです。

モロバレル

モロバレルはキノガッサだけでなく、草毒というタイプから水電気地面に有利と言えますね。
クチートが一撃で倒されるカプ・レヒレのミズZやカプ・コケコのデンキZに対して後出しできたり、クチートの威嚇でAが下がったガブリアスや霊獣ランドロスの地震に後出しして胞子の一貫を作って展開したり、など持ち前の耐久力を生かしてクチートとサイクルを回すことが可能です。

しかし、クチートモロバレルと並べるとリザードンやヒードランがかなり重くなってしまいます。
キノガッサ対策枠としては申し分ないのですが、クチートとの相性を考えたとき正直微妙な気がしてならないです。
モロバレルは、カバドリのような炎を上から縛れるポケモンとの方が相性が良いのでしょうか。
また、クチート軸でキノガッサを対策するならば、炎が一貫してしまう草を入れるより、ステロを撒いて上から処理した方が良いのでしょうか。
クチートバレル使ってて毎回「炎つらい・・・」と嘆いてる気がします(。-_-。)


来週は、クチート+7世代新ポケの並びについて考察していたので軽く触れたいと思います。
モロバレル抜いてキノガッサ対策どうしよ、あと3週間しかないよ( ´△`)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンについて書いてます。
イナスト2013最終順位7位
ポケモンORAS最高レート2162
ポケモンSM最高レート2102
なにかあれば@Rumpara25へ。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR