レートの民〈87〉(S3振り返り)

ひとまず、シーズン3お疲れ様でした。
自分のシーズン3の最終成績は以下の通りです。



S3は約一年ぶりにレート2000を達成できずに終わったシーズンとなってしまいました。
最高レートは写真を撮ってませんが1968です。
ORASのS14からの連続2000記録も6期で途絶えてしまいとても悔しい気持ちです。
・・・と言うべきところなのでしょうが、悔しい気持ちもなければ弱い自分に対して惨めだという気持ちさえ薄い状態です。
ORASの頃と比べ、2000、2100に対する執着心が薄くなってしまっている気がするんですよね。
周りにも競い合うライバルがいるというのに、あの頃の闘争心はどこへ消えてしまったのか…というのが最近の悩みです(-_-;)

なんかギブソンが引退した後の魂が抜けた茂野吾郎みたいな状態になってますが、ポケモンに対してモチベがないわけではありません。
むしろ、S4からは待望のメガヘラクロス解禁ということでモチベ大爆発してます。
正直メガヘラが帰ってくるまで他の対戦ゲームに手を出してみようかと考えたこともありましたが、S4からは負けは許されないというくらいの意気込みでやっていければなと思います。


自分語りはここまでとしてS3で使用したクチート軸の構築経緯や感想について少し書こうと思います。

まず、S3で使用した構築の並びと型について。

メガクチートクレセリアカプ・レヒレ
ミミッキュロトム火ガブリアス

1.クチート
意地HAS@メガ石
じゃれ/叩き/不意/炎牙

2.クレセリア
図太いHB@ゴーグル
サイキネ/三日月/トリル/月光

3.カプ・レヒレ
控えめHC@水Z
ドロポン/ムンフォ/怒り/挑発

4.ミミッキュ
意地HA@霊Z
シャドクロ/じゃれ/トリル/呪い

5.火ロトム
控えめHC@帯
ボルチェン/めざ氷/10万/オバヒ

6.ガブリアス
陽気AS@襷
地震/岩封/ステロ/吠える

ORASの頃好んで使用していたクレセクチートからスタート。
リザウルガに強いガブ、地面の一貫を消せるヒトムはORAS同様に採用。
クレセクチートヒトムガブ@2で組むことが多かったのですが、最終的にはレヒレミミッキュになりました。

レヒレは後述するミミッキュのトリルとの相性を考え耐久型ではなくアタッカー型で採用。
ドランを見れるのがガブしかいないのは問題と感じたためレヒレを入れて正解でした。
S2でもそうでしたがヒトムとの相性も◎です。

ミミッキュはトリル呪い型で採用。
無難に強かった以外の感想が出てこない。
霊Zは単純な削りと重いゲンガルド意識。
ステロ要員+トリルミミッキュ+メガクチート」の基本選出がそこそこ強かったです。

この2体以外には、ガッサミミッキュ対策のHBバレル、ゲンガルド対策でお馴染みのHD黒メガネブラッキー、ドランを誘って返り討ちにできる格闘Zテテフを試しに使いました。
それぞれ断念した理由が、
バレル:コケコドランどないすんねん
ブラッキー:レヒレミミッキュきっつ
テテフ:カグヤ無理
でした。

このポケモンたちは対戦オフや仲間大会で使用しました。
せっかくなので並びと結果だけ紹介しておきます。

メガクチートクレセリアゲンガーロトム火カプ・テテフガブリアス
・第2回びぶオン(3/23)
結果:1位/レート1613
→手応えは悪くなかったがガッサ対策がいなくて没

メガクチートクレセリアブラッキーモロバレルロトム火ガブリアス
・第3回グラカップ(4/1)
結果:100位/レート1540
→相手の展開を阻止できる役がいなくて没

メガクチートクレセリアブラッキーモロバレルカプ・テテフガブリアス
・第1回ミカンオン(4/24)
結果:15位/レート1482
→ヒトム抜いたせいでカグヤが無理になって没

メガクチートクレセリアカプ・レヒレミミッキュロトム火ガブリアス
・阪大シングル大会(4/30)
結果:予選最下位落ち
・第4回グラカップ(5/1)
結果:82位/レート1549
・第5回びわポケカップ(5/6)
結果:予選1位抜け/決勝T1落ちベスト16

びぶオンでは初めての仲間大会参戦にして初優勝を飾ることができました。
しかし、良い結果を残せたのは最初だけで他は見事撃沈しました。
こればっかりはしょうがない。


ここからはクチート軸の感想。

はっきり申すと「つらかった」の一言です。
他のクチート使いの方を見ても同意見の方がやはり多いようですね。
何故つらかったかについて、(これは完全に個人的な問題なのですが)ORASで軸をヘラクレセクチートとして使ってきたからです。
ヘラクレセクチートではヘラクロスに依存している部分が大きく、クチートは第二のエースというポジションにありました。
そして今回、ヘラクロス抜きのクレセクチートに挑戦したわけですが足りない部分が大きすぎました。
主にこいつらです。

キノガッサヒードランカバルドンランドロス霊獣メガガルーラジャローダスイクンマンムーロトム火ロトム水

こいつらに強いポケモンと言われれば簡単に挙げることができるでしょうが、実際の対戦でクチートと同時選出して活躍できるかというとそれはまた別の話。

クチートはORASでも使ってきたわけですが、実はヘラクロスに依存していた部分が予想以上に大きかった、と痛感させられたシーズンとなりました。
クレセリアの持ち物からも今回の構築の無理矢理感が伝わるかと思います。

S3の一番の反省箇所は「構築力の欠如」、これに尽きると思います。
「クチートはORASでも使ってきたからSMでもなんとか使えんかな」と思っていましたが自分には無理でした。
クチート軸で勝てる人ほんと尊敬します。

次クチート軸を使う機会があればあれば、クレセクチートではなくポリクチから組み始めると思います。
実際、結果を出しているのは圧倒的にポリクチのようですからね。
クレセクチートというコンセプト自体が現環境に全く適していませんでした。


S3の振り返りは以上です。
冒頭にも述べましたが、S3は「2000絶対乗せてやるううううう」という闘志が湧いてこず、無惨な結果に終わってしまいました。
2年以上前からポケモン以外のゲームに触れずにやってきているのでこういう時期があって当然なのかもしれませんが、S4はメガヘラ帰還でそうも言ってられません。
ドラゴンボールでも観ながらまずはヘラ軸を一から考えたいと思います。

あ、ドラゴンボール(とコナン)今GyaO!で配信してるので暇な時にでも是非!


それでは改めてシーズン3お疲れ様でした。
シーズン4もよろしくお願いします。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンについて書いてます。
イナスト2013最終順位7位
ポケモンORAS最高レート2162
ポケモンSM最高レート2102
なにかあれば@Rumpara25へ。

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR