FC2ブログ

MAJOR2 13巻感想

「MAJOR2」13巻買ってきましたヾ( ^ω^)〃



地区大会2回戦へと駒を進めた大吾たち風林中学野球部。
そこに立ちはだかったのは、リトル時代の戦友・卜部とアンディだった…。
アニメの放送もついにスタートしましたね!
いつもコナンを観てるので、その前に観ようと思います。

13巻の内容ですが、アニータ回でしたね。
清和中が足を使った機動力のあるチームということでアニータの仕事は不可避でしたが、その中でもアニータの成長が少し見られました。
初回の捕手としてのミスを仁科に指摘されたシーンも頷きながら見てました。
そして、大吾のセリフ。

「守備のミスはバットで帳消しにできないけど、取られた点はバットで帳消しにすることができる。」

このセリフはとても印象に残りましたね。
これを受け取ったアニータは打席で文字通り、自らのミスで取られた点を帳消しにしてくれました。
これだけで卜部の球をどん詰まりで、しかも1巡目でホームランにしてしまうあたりマンガだなぁと思いました笑
リトル時代にライバルの男子にマスクを奪われ野球は男子のスポーツだと思うようになってしまった、というアニータのつらい過去もありましたが、それを乗り越えるアニータの姿が見られて良かったです。
特に、座ったままの送球で一塁走者を刺したシーンはしびれましたね。

対する卜部もドロップカーブを習得しており、こちらも成長を感じさせられました。
確かに「あの頃とはちょっと違う」ところはありますが、相手にすると卜部は手強いと感じてしまいますね。
今のところ失点は覚醒アニータのホームランによる2点のみで抑えてますし、6回裏の大吾から始まる打線もきっちり3人で抑えていました。
なんだこの強キャラは…。

試合途中で負傷したアニータに代わり、中学野球編の試合では初めてマスクを被った大吾。
これまではレフトに守ってチーム全体を支えてきましたが、このピンチの状況では流石に動揺している様が伝わってきました。
それも当然、まだ中2ですし今までの落ち着きっぷりが不自然なほどでした。
このピンチを自ら乗り越えられるのか、はたまた助っ人が登場するのか…。
大吾がいつキャプテンとしての殻を破ってくれるのか楽しみですね。

試合は残すところ最終回のみ。
現時点で2-3で負けており、最終回にはアニータに打順が回ってきますが、そのアニータが表の守備でミスっているためスコアの差はさらに開きそうでしょうか?
結果的に4-3か5-4で勝ってくれると見てますが、果たして勝負の行方はいかに…!!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パラリー

Author:パラリー
はじめまして、パラリーです。
主にイナストやポケモンに関する記事を更新しています。
イナスト2013最終7位
ポケモンORAS最高2162
ポケモンSM最高2102
ポケモンUSM最高2149
Twitter@Rumpara25

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR